赤ちゃんにスリーパーを着せて快適な睡眠を!秋冬にぴったりです!

サイトマップ

毛布とゆたんぽ

赤ちゃんに着せやすいスリーパー

毛布と赤ちゃん

スリーパーはベビー用の寝具として、パジャマの上に着せるのに適しています。スリーパーにもいろいろなタイプのものがあり、足元まで長く閉じることができるタイプや足が出るタイプ、袖がないものと袖がついているものなどがあります。どのタイプのものも赤ちゃんに着せやすくなっており、簡単に使いこなすことができます。
スリーパーは、新生児から使用できるアイテムです。メリットは、大きめのものを購入すれば長く使用できることで、新生児サイズを買うよりも、少し大きめサイズを購入し2歳くらいまで長く使う方も多くいます。そうすれば、小さなうちは足元まで覆うことができ、歩くようになってきたら足が出るので着たまま歩くときに便利です。
スリーパーがあれば、寝ている間に寝返りを捨ても布団が脱げてしまう心配がありません。常におなかや背中が温かいので、風邪をひかす心配がなくなります。夜中に布団をかける必要がなくなり、ママも安心して眠ることができます。
スリーパーは専門通販サイトで購入するのがおすすめです。様々なタイプのものが売っており、好みの柄や色を探すことが可能です。口コミを見ながら探せるので、満足できるスリーパーが見つかります。

春から夏に向けておすすめのスリーパー

暑い夏の季節にもスリーパーは、大活躍します。夏は暑いのでスリーパーは必要ないようにも感じますが、赤ちゃんの体はデリケートです。冷房で涼しい部屋にいると、体が冷えてしまいます。しかし、冷房を付けないとたくさん汗をかき、赤ちゃんが寝苦しくなってしまいます。そこで、適温で冷房を付け、スリーパーを着せることで良く眠れるようになります。
夏向けのスリーパーは、ガーゼ生地やタオル生地のものです。春から夏にかけて使用することが多く、汗をかきやすいシーズンになることを考えて、購入の前にどんな素材が使われているのか確認します。通気性が良く熱がこもりにくいことや、汗を吸い取ることができるなどメリットがあります。ガーゼやタオルは乾きやすいので、汗で体が冷える心配もありません。肌触りの良いコットン生地のものは、赤ちゃんの肌にもよく合います。
専門通販サイトで購入することができ、用途や使いやすさに合わせて選ぶことができます。様々なスリーパーが売っているので、着せやすさや、スリーパーの形も比較しながら見ていくと、赤ちゃんに合うスリーパーを見つかります。スリーパーは繰り返し洗える丈夫なものです。短期間使用するものよりも、長めに使えるものの方が重宝します。

秋や冬にピッタリな暖かいスリーパー

赤ちゃんがいる家庭では、秋から冬にかけて寒くなる季節に、スリーパーがあると大活躍します。赤ちゃんは寝入りに体温が上がるため温かいのですが、寝てしまうと体温が落ち着いてきます。布団で調節してあげなければなりません。寝るときに布団をかけてあげても、蹴ったり寝返りで脱いでしまうことが多く、体が冷えてしまいます。寒くてもそのまま起きないので、体が冷え切って、足て手が冷たくなってしまうこともあります。
そんな沖におすすめなのが、温かい生地で作られたスリーパーです。フリースやダウン素材のものがあり、柔らかく保温性があります。寝返りを打ちやすく睡眠を邪魔しないので、赤ちゃんもぐっすりと眠ることができます。
寒さが気になる場合は、袖付きのものや足が出ないタイプもあるので、冷たい風から足や腕から守ることができます。反対に、暖房をつけている家庭では、熱がこもりすぎず適度の保温性のある、袖がないタイプを選ぶようにします。
秋冬の用のスリーパーは、専門通販サイトで購入する方が多く、理想通りのスリーパーを見つけることができます。薄手のものや厚みがあるもの、袖口と裾を折り返せば長く使用できるものなど、家庭に合ったスリーパーを購入することができます。

ピックアップ

TOPへ